カテゴリ 'タービン' の記事です。

TO4Z(R),TO4S Ball Bearing CHRA 入荷

金曜日, 11月 19th, 2010
お待たせしました、TO4Z(R)、TO4S用ボールベアリングセンターカートリッジ入荷しました。
ブッシュタイプのTO4R,TO4Sに無加工で取り付け可能です。
つまり、新たにタービン丸ごと買わなくても、今お持ちのタービンが新品のボールベアリングに生まれ変わるのです。
0131.JPG 0121.JPG0101.JPG
 数が少ないのでお早めに、価格はメール、電話でお問い合わせ下さい

5 axis Billet Compressor Wheel

金曜日, 11月 5th, 2010

今回発売を開始した”5 axis Billet Compressor Wheel”ですが、                                

0301.JPG029.JPG

左はノーマルのTD06/07-25Gのコンプレッサーホイール、右は今回IN&OUTのサイズはそのままで、5次元の旋盤で製作したBilletです。全く別物に見えますが同じ外形、サイズ、当然無加工で装着できます。問題は翼の長さです。ノーマルの21.5mmに対してBilletは23.5あります。片側2mm、直径で4mm違います。コンプレッサーホイールは空気を吸入するためのパーツですが、それは翼の部分で行います、つまり翼の面積が大きければそれだけ多くの空気を吸入する事が出来るわけです。その吸入した空気をエンジンに入れてパワーを出すのですから、より多くの空気が入るとゆう事はパワーUPするとゆう事です、これは誰でも知っていますよね。問題はその方法です、普通パワーを上げる時には、ワンランク上のタービンに交換、TDで言えば20Gを25Gに、GTで言えば2835-56Tを3037-56Tへ、しかし、この方法は羽根全体が大きく重く、レスポンスも落ちるとゆうデメリットがあります。我々が行ってきたハイフロー加工も小さいとはいえそのデメリットはありました。

                                                                                             もう一度上の写真を見比べてみて下さい、真ん中の穴の周りの肉厚が違いますよね!!そうです、内側に削り込であります。 

HさんやTさんのカタログにコンプレッサーホイールのサイズが出ていますが、そこにあるのは羽根の入り口径と出口径です、真ん中の肉厚がどれだけあるかはありません。つまり本当に空気を吸入する部分の量はこの数字だけでは分からないのです。少し分かってきましたね!つまり余分な贅肉を落としてゆけば、同じサイズのホイールでも風量は増えていくわけです。しかも、レスポンスを落とす事無く!!かえって落とした贅肉の分軽くなりレスポンスも良くなります!!   

ではどうして今まで出来なかったのか!? それは、羽根の作り方にあります。普通の羽根はアルミを溶かして型に入れて作る鋳造(ロストワックス)で製作されています。この方法は安価で大量生産には向いていますが、強度的には劣り、内側の贅肉を落として行く方法には耐えられず、羽根が破損してしまうのです。これに対して鍛造は、アルミを溶かすのではなく、叩いて密度を上げ、それを削って形にします。 強度は格段に上がり、この内側を削る方法に適している訳です。しかしこの方法は、5次元の旋盤とゆう特殊な工作機械が必要で、非常に高価で時間も掛かる為大量生産には向かず、今までは極一部のモータースポーツ(メーカーのワークスカー、WRC用など)用タービンに使われているだけです。雑誌の写真などで御覧になった事がある方もいるかもしれません。

SPEED BOXでは、この”5次元旋盤加工の鍛造コンプレッサーホイール”を発売致しました。

あなたの”普通”のタービンが本当のモータースポーツ用タービンに生まれ変わります。

コンプレッサーホイールを交換するだけ、ハウジングの加工は一切不要です

コンプレッサーホイールを交換するだけで、パワーとレスポスが驚く程UPします
  

  

R35 GT-R & EVO10

金曜日, 3月 5th, 2010

R35GT-RとランサーEVO10用 ハイフロータービン!!!!!

先ずは下の写真をご覧下さい、R35GT-RとEVO10用ハイフローです。

                      

dsci0002.JPGdsci0011.JPG

R35はなんとボールベアリングです細部の煮詰めはこれからですが期待してて下さい。

完成次第ご報告しますが、興味のある方は問い合わせてみてね!!

GTタービンアップグレード

水曜日, 10月 28th, 2009

先ず下の画像を見て下さい。

cw.JPG
GTタービンのコンプレッサーホイールです。左から2530、GT-RS、2835-56T、3037-56T、3540です。

dsci0009.JPGタービンホイール
GTタービンのタービンホイールシャフトです。左から2530(GT-RS、2540も同じ)、2835、3037、3540です。

大まかに言いますと、この2つの部品の組合わせでタービンは出来上がり、この組み合わせによってパワーもフィーリングも決まってきます。当然大きければ大きなパワーが望めます、小さければレスポンスに優れています。 メーカーさんから販売される場合は組み合わせが決まってきます。従ってエンジンなどのステップアップが進んでもう少し大きなタービンが欲しくなった場合は、タービンを買い換えるしかありませんでした。当然高額になってきます。

そこで、SPEED BOXでは新たにタービンを買い換えなくても、今のタービンを加工(コンプレッサーとタービンを変える事で)して容量をアップするプログラムを発売しました。

例えば、

ノーマルのS14/15(前期まで)をSPEED BOXに送ると”GT-RS”になって帰ってくる

JZX100のGT2835PRO-SをSPEED BOXに送ると”GT3037PRO-S”になって帰ってくる

GT-R用のGT3037をSPEED BOXに送るとGT3540になって帰ってくる

しかもOHも同時に行います。だから完全にブローしたタービンでも構いません!!

その他にも2835の排気に3037のコンプレッサーを組合わせる事も可能です。

勿論そのままOHだけでもOKです。

とにかくGTタービンでお困りの方SPEED BOXに一度連絡してみて下さい。

大丈夫!!!

木曜日, 9月 11th, 2008

トラストさんがあんな事になってTDタービンは大丈夫ですかとご心配の問い合わせ電話を貰いますが、タービン単体は全く問題ありません。トラストさんが販売されていたタービンは三菱重工が全て製造していましたので、部品等全て今後も全く問題なく入手可能です。当社は部品を三菱重工から入手していますので、今回のトラストさんの件では影響がありませんので、納期等と遅れも無く今まで通りです。ご安心下さい。現在OH、パワーアップ等をお考えの方はご遠慮無く御問い合わせ下さい。

けむりがでるー!!!!

金曜日, 3月 21st, 2008

今日はメインテナンスとゆうかトラブルとゆうか、まあ良くある話なのですが、マフラーから白い煙が出たとゆう話です。 自分で経験した人も多いでしょうし、友達の中でそうした経験をした人がいたり、車好きでターボ車を持っている人なら、間違い無く一度は聞いた話でしょう。 ”マフラーから白煙がでていて、オイル臭い、タービン潰れた!!” 近所の行きつけのショップの人も、雑誌も”これは、タービンのオイルシールが潰れてオイルがもれてますねー!”と言いますね。 だけど本当??? オーバーホールで入ってくるタービン、電話での問い合わせ等で良く聞きます。ブーストのかかりがおかしく、異音もするのであればタービンかも、だけど、ブーストもかかり、異音もしないのならタービンではありませんよね。元々タービンの排気側にはオイルシールは無いのですよ!ショップも雑誌も大間違い、下の写真のピストンリングはありますが、これは排気ハウジングのガスをセンターベアリグハウジングに入れない為のガスシールです。流れとしては全く逆です。この部品はオイルを止めてはいません! では何が原因?主な原因はオイルのオーバーフローです。エンジン内圧が上り気味になりタービンからのオイルが戻り切らない、あるいはリターンパイプが細すぎて、戻り切らない。あるいはオイルポンプを強化して油量が多すぎる等が考えられます。色々考えられるのですが、一つ間違いなく言える事は、直ぐにタービンんだと決め付けるのは間違いです、もし、直ぐに断定するショップにはご用心。FC,FDのロータリー軍団、S13,14,15のシルビア軍団の方特にご用心。  恐らく今まさにそんな状態の人、どんどん質問してください。出来る限り答えます。

   dsci0001.JPG  dsci0002.JPG      

FC3S HF

土曜日, 3月 31st, 2007

まだまだ現役?のFC3S、定番のHFタービンです。400psオーバーのドラッグ仕様(以前はこれが多かったです)。 

fc-cw-stdhf.JPG

それと今回から御要望の多かったノーマル形状のドリフト、サーキット仕様を追加しました、360ps仕様でノーマル位置インタークーラー対応、ブーストの効きだしはノーマルと同一でフラットトルクでとても乗りやすいです。

fc3s-hf-3.JPGfc3s-hf-2.JPG

どちらの仕様もオーバーホール込みで¥134.400(税込み、カットバック込み)です。詳しくは問い合わせメールか電話にて。

http://www.speed-box.jp/kit/fc3s.php

 

忘れるとこでした、”FD3SのHF”もやってます。OH込みで¥207.900(カットバック込み、税込み)、ノーマルより中低速トルクはありますよ。

fd-cw-stdhf.JPG

”これ何”の続き

日曜日, 3月 25th, 2007

あー長いことサボってしまった。ここで少々言い訳、3月はとても忙しいのだ。税金とか、沖縄なのにインフルエンザにかかったりとか。まあ所詮言い訳であります。さて”これ何”についてなのですが、お分かりの方は多いと思いますが、ゴミを吸い込んでこうなった訳ではありません。このホイールはGT3037の56トリムなのですが、俗に言うと処の”サージング”ですね。これはかなり重症の方です。ここまでではなくとも最近こうし症状がとても多くなってなって来ています。特にドリフト車に多いですね。何故ドリフト車に多いのかと言いますと、それはこうした症状の原因をドリフト車は多く持っているからです。タービンは空気を吸い加圧してエンジンに送ります。この吸うためにはホイールは回転しないといけません、この回転の動力源はエキゾーストのホイールの回転です。エキゾーストホールと同軸上にコンプレッサーホイールがあり、エキゾーストが回転するとコンプレッサーも回転する訳です。ここで問題になってくるのは、何回転でコンプレッサーを回すかです。コンプレッサーホイールには”オイシイ”回転とゆうのが決まっています。それはその大きさ、形状に依ります。物理の基本原理で、大きなものを回す時にはユックリが良く、小さいものは早くても大丈夫なのです。我々の業界で使われているタービンはかなりハイブリッドです。タービンの成り立ちはもともとコマーシャルディーゼル(産業用機械)です。だからそんなに高回転ではなかったのですが、これを乗用車に流用する時にはそうは行かなかったのです、ターボラグが大きいとかパワーが無いとかの問題を解決して行く過程で、タービン側は小さくコンプレッサー側は大きくとなってきた訳です。そうなると、ハイブリッドがより進むわけです、大きい物をより高回転で回すことになってくる訳です。当然そこには弊害が出てきます、その一つがこの”サージング”なのです。純正のタービンはパワーもブーストも決まっていますので、1個の専用設計のコンプレッサーホイールでいいわけです。ところが我々の業界ではそうは行きませんね、皆好き勝手ですよね、おいしい回転なんて全く無視、まあそんな資料自体何処のメーカーからも出ていませんしね。一時マップがどうのこうとゆう時期はありましたが、マップの意味さえ分からず終わってしまいました。馬力が大きいのが偉い業界ですから。大きなコンプレッサーホイールを高回転で使うとどうなるかと言いますと、簡単に言えば上手く空気が吸えず加圧も出来なくなります、コンプレッサーホイールは空気があってそれを吸うのですが、1回転して戻ってきてまた空気を吸いたくてもそこには吸える空気が無い、真空状態です。それでもタービン側は回っていますからコンプレッサーホールは強制的に回るわけです。そんな状態が続くと写真のようにホイールが”カケ”出してくるわけです。もう一つ原因があるのですが、あまりに長くなって来たので(病み上がり?で疲れた)次回に……..なれべく早く書きますから、この業界の内幕に関係しますので長くなりますが。

 

これ何!

木曜日, 2月 15th, 2007

写真を見て下さい、これは何でしょう?コンプレッサーホイールのトラブルであるのは分かりますよね?最近来るOH依頼のタービンによく見られる症状です。詳しくは後ほど。

gt3037-cw-trouble_1.JPG dsci0001.JPG

F40!?

土曜日, 1月 20th, 2007

こんなの作っちゃいました!フェラーリF40のハイフローです。オーナーはサーキットを攻めているみたいです。オリジナルはIHIのボールで以前イタリアでワンメークレース用としてミケロットとかゆうイタリアのフェラーリ専門のチューナーが出していたものらしいのですが、IHIのBBでも古いタイプで、風量もたいしたことない?(失礼!)でもなかなか高価だったみたいですよ。今回シャフトが折れるトラブルで、カートリッジを交換しないといけなくなり、イタリアから高価なカートリッジを取り寄せるのも大変なので、良い方法がないかと相談を受け作ってしまたのです。同じIHIのBBでも現在のタイプを使い、風量もかなり増やしました。ポルシェのGT2のツインターボもよくハイフローにするのですが、ヨーロッパのエキゾティクカーはタービンに関しては意外とショボイ!!??(ホント失礼)。部品が高価なのは確かですよね。外車のターボでお悩みの方、モアパワーをお望みの方お気軽に御相談下さい。ああーコマーシャルになっちゃった。すんません!

f40-cw.JPGf40-1.JPGf40-3.JPGf40-5.JPG