2007年3月の記事です。

FC3S HF

土曜日, 3月 31st, 2007

まだまだ現役?のFC3S、定番のHFタービンです。400psオーバーのドラッグ仕様(以前はこれが多かったです)。 

fc-cw-stdhf.JPG

それと今回から御要望の多かったノーマル形状のドリフト、サーキット仕様を追加しました、360ps仕様でノーマル位置インタークーラー対応、ブーストの効きだしはノーマルと同一でフラットトルクでとても乗りやすいです。

fc3s-hf-3.JPGfc3s-hf-2.JPG

どちらの仕様もオーバーホール込みで¥134.400(税込み、カットバック込み)です。詳しくは問い合わせメールか電話にて。

http://www.speed-box.jp/kit/fc3s.php

 

忘れるとこでした、”FD3SのHF”もやってます。OH込みで¥207.900(カットバック込み、税込み)、ノーマルより中低速トルクはありますよ。

fd-cw-stdhf.JPG

インプレッサ HF

土曜日, 3月 31st, 2007

インプレッサのHFを作ってみました、エンジンの性格上あまり高速よりにはしていません。ノーマルタービンにボールとブッシュの2種類があります。HFを作る時にはOHをするのですが、IHIのBBはセンターカートリッジを交換になりますので、金額はお問い合わせ下さい。勿論のまるのBBセンターカートリッジ在庫有りますので、潰れたタービンでも大丈夫です。相談してみて下さい。 それと、ジムカーナー、ダートラなどの競技の場合はSPL仕様になります、相談してみて下さい、”勝てる”ものを提供出来ると思います。

vf37hf-_4.JPGvf37-hf-_7.JPG

それと、レガシー用も同時にリリースしました。シーケンシャルツイン、シングルどちらもOKです。詳しくはメール、電話にてお問い合わせ下さい。

leg-hf-_1.JPG

 http://www.speed-box.jp/kit/impreza.php

”これ何”の続き

日曜日, 3月 25th, 2007

あー長いことサボってしまった。ここで少々言い訳、3月はとても忙しいのだ。税金とか、沖縄なのにインフルエンザにかかったりとか。まあ所詮言い訳であります。さて”これ何”についてなのですが、お分かりの方は多いと思いますが、ゴミを吸い込んでこうなった訳ではありません。このホイールはGT3037の56トリムなのですが、俗に言うと処の”サージング”ですね。これはかなり重症の方です。ここまでではなくとも最近こうし症状がとても多くなってなって来ています。特にドリフト車に多いですね。何故ドリフト車に多いのかと言いますと、それはこうした症状の原因をドリフト車は多く持っているからです。タービンは空気を吸い加圧してエンジンに送ります。この吸うためにはホイールは回転しないといけません、この回転の動力源はエキゾーストのホイールの回転です。エキゾーストホールと同軸上にコンプレッサーホイールがあり、エキゾーストが回転するとコンプレッサーも回転する訳です。ここで問題になってくるのは、何回転でコンプレッサーを回すかです。コンプレッサーホイールには”オイシイ”回転とゆうのが決まっています。それはその大きさ、形状に依ります。物理の基本原理で、大きなものを回す時にはユックリが良く、小さいものは早くても大丈夫なのです。我々の業界で使われているタービンはかなりハイブリッドです。タービンの成り立ちはもともとコマーシャルディーゼル(産業用機械)です。だからそんなに高回転ではなかったのですが、これを乗用車に流用する時にはそうは行かなかったのです、ターボラグが大きいとかパワーが無いとかの問題を解決して行く過程で、タービン側は小さくコンプレッサー側は大きくとなってきた訳です。そうなると、ハイブリッドがより進むわけです、大きい物をより高回転で回すことになってくる訳です。当然そこには弊害が出てきます、その一つがこの”サージング”なのです。純正のタービンはパワーもブーストも決まっていますので、1個の専用設計のコンプレッサーホイールでいいわけです。ところが我々の業界ではそうは行きませんね、皆好き勝手ですよね、おいしい回転なんて全く無視、まあそんな資料自体何処のメーカーからも出ていませんしね。一時マップがどうのこうとゆう時期はありましたが、マップの意味さえ分からず終わってしまいました。馬力が大きいのが偉い業界ですから。大きなコンプレッサーホイールを高回転で使うとどうなるかと言いますと、簡単に言えば上手く空気が吸えず加圧も出来なくなります、コンプレッサーホイールは空気があってそれを吸うのですが、1回転して戻ってきてまた空気を吸いたくてもそこには吸える空気が無い、真空状態です。それでもタービン側は回っていますからコンプレッサーホールは強制的に回るわけです。そんな状態が続くと写真のようにホイールが”カケ”出してくるわけです。もう一つ原因があるのですが、あまりに長くなって来たので(病み上がり?で疲れた)次回に……..なれべく早く書きますから、この業界の内幕に関係しますので長くなりますが。