2009年10月の記事です。

GTタービンアップグレード

水曜日, 10月 28th, 2009

先ず下の画像を見て下さい。

cw.JPG
GTタービンのコンプレッサーホイールです。左から2530、GT-RS、2835-56T、3037-56T、3540です。

dsci0009.JPGタービンホイール
GTタービンのタービンホイールシャフトです。左から2530(GT-RS、2540も同じ)、2835、3037、3540です。

大まかに言いますと、この2つの部品の組合わせでタービンは出来上がり、この組み合わせによってパワーもフィーリングも決まってきます。当然大きければ大きなパワーが望めます、小さければレスポンスに優れています。 メーカーさんから販売される場合は組み合わせが決まってきます。従ってエンジンなどのステップアップが進んでもう少し大きなタービンが欲しくなった場合は、タービンを買い換えるしかありませんでした。当然高額になってきます。

そこで、SPEED BOXでは新たにタービンを買い換えなくても、今のタービンを加工(コンプレッサーとタービンを変える事で)して容量をアップするプログラムを発売しました。

例えば、

ノーマルのS14/15(前期まで)をSPEED BOXに送ると”GT-RS”になって帰ってくる

JZX100のGT2835PRO-SをSPEED BOXに送ると”GT3037PRO-S”になって帰ってくる

GT-R用のGT3037をSPEED BOXに送るとGT3540になって帰ってくる

しかもOHも同時に行います。だから完全にブローしたタービンでも構いません!!

その他にも2835の排気に3037のコンプレッサーを組合わせる事も可能です。

勿論そのままOHだけでもOKです。

とにかくGTタービンでお困りの方SPEED BOXに一度連絡してみて下さい。