お知らせ!!

GT-RS用のA/R=0.86のタービンハウジングです。 

2.1L等の排気量UP、カムを入れたSRで、ノーマルのGT-RSをそのまま使うと高回転域でパワーがたれてきます。

それは、ノーマルのGT-RSのタービンハウジングがA/R=0.64と、ノーマルタービンと同じ物の為、排圧が上がり過ぎているのが原因です。

 この度発売したA/R=0.86のハウジングでこの問題は解決です。

定価=¥60.000(税別)
th-gt-rs-2.jpgth-gt-rs-1.jpg

“お知らせ!!”へのコメント数 2

  1. HF :

    初めてコメント致します。自分もGT-RSで同じ症状やサージングに悩まされています。チューナーはそこまで気にしなくてもタービンには影響ないよ、と言いますが個人的には”?”です。なに良い解決策が有ればご教示ください!

  2. 管理者 :

    恐らく高回転でかなり排圧が高くなっていると思います。
    こうした状況では、タービンに負担が掛かるのもそうですが、エンジン側にも相当負担が掛かっています。最悪エンジンブローとなる場合もあります。
    GT-RSはボールベアリングなので排圧には強いので、タービンよりもエンジンが先にブローするケースも考えられます。T517/8はブッシュですので、エンジンよりも
    先にタービンが潰れるので、まだ良いかもです?
    バルタイ、点火時期等をチェック、リセットされても駄目なら、タービンの排気ハウジングを大きくする等対策が必要ですね。

コメントをどうぞ